ゆるい

ゆるーく書いてゆるーく読むブログ

いつもと違う今日

※めちゃめちゃ加筆修正しています。

いろいろと考えましたが、頭も心も整理がつかずいろんなところへ行ったり来たりしているのでとりあえずなにも考えずに全てぶちまけるために、自分を整理させるために、今日という日を体感した備忘録のために、何日後何ヶ月後何年後かの自分のために、記します。何かの間違いでここにたどり着いた方は以下を読んで気分を害されたりするかもしれませんが、責任は取れませんので悪しからず。何もできない無力なただの一端のオタクの戯言、遠吠えです。

 

 

開口一番は「は????????」だった。そりゃそうだ、6人が9人になるっていうんだから。永遠に、これからも、グループの名前がなくなるまで、6人でいると思っていたのだから。なんで???どうして???疑問ばかりが募る。

次にきた感情は怒りのようなものだった。怒りは二次感情なのでこれも当然である。誰に対する怒りでもない、いや、全員に対する怒りなのかなあ。当人たち、周りの大人たち、当人たちのオタクたち、それ以外のオタクたち、そして自分、増員に関わって増員を知った全ての人への怒り。

そして悲しみ。ずっと6人って、あの言葉は嘘だったの?今まで1番近くで見守ってくれてたのに、味方だと思っていたのに裏切るの?結局はグループの形を変えることを選んだの?売れるためって、なに?増員をみんなが希望したなんて嘘でしょ?安定してしまったことがいけなかったの?6人で頑張ってきた時間は?この6人になにが足りなかったの?、、、、、、挙げればキリがない悲しみが襲ってくる。今もなお。

 

もちろん、3人が悪いなんて思わないし、むしろ3人と3人のオタクには申し訳ないとさえ思う。お互いにいろんな感情になってるって分かってる。9人はなにも悪くないよ。あ、でも、3人を受け入れられる決断をしてしまった6人には黒い感情が湧き上がってしまうけど、これは許してよしょうがないよ。もしかして、本人たち、知らされてなかったとかないよね?はい今日から9人です終わり解散!じゃないよね?いつだって事後報告の事務所にはうんざりだけど、さすがにそれはないよね???そんなことあったら私はもう一生事務所のこと許さないから、覚悟してほしい。あの、あの6人に考えさせる余地もないなんて、一生をかけて呪ってしまうから、そんなことは無いと信じている。

3人を受け入れたいという気持ちは当然にあります。決まったことはしょうがないことだし、3人が入ることで結果として良い風を、新しいものをもたらしてくれるはず、だから加入させるんだもんね?A.B.C.に橋本が入ったときもなんだかんだあったけど、今となっては無くてはならない大事な我らがセンターとして立派に生きてくれている。前例は、の話ですが。

だから受け入れたい。でも、でもね、そう簡単には無理だよ。そんなに聞き分けよくないよ。こっちは6人になる前の8人、9人のときから見てるんだもん、酸いも甘いも乗り越えてきた彼らを見てるんだもん、大切にしたい思い出がたくさんあるんだもん、6人しか考えられなかったんだもん。6人が、好きなんだもん。

 

約束を、夢を、SnowManの6人で、叶えてほしいよ。

 

もう、無理なんだと分かってはいます。グループの年季的にも年齢的にも、一度加入したらきっともう後には戻れないでしょう。分かってる。だから最後に足掻いたっていいじゃん。彼らとのたくさんの思い出に甘えさせてください。

 

なぜ、お披露目が単独でなければならなかったのだろう。自担の誕生日公演は?ねえ、どんな気持ちでその日を迎えたらいいの?単独を、またあの景色を、6人と私たちだけの空間を、最後にもう一度だけ感じさせてほしかったよ。この事務所は鬼畜だからなあ、いつも突然なんだよ、言わせてくださいほんとクソだな!!!!

それにしたって新橋からでよかったんじゃないの?単独を下準備に使わないでほしかったよ。私たちにとっては大事な大事な彼らとの時間なんだよ。もう嫌だよ。9人の景色なんて、要らないんだよ。

 

降りることを、オタクを辞めることを、真剣に考えてしまうくらいにはショックが大きい。でも降りるのはやだなあ。かといって他に推しがいるし辞めることは出来ないからなあ。と、葛藤している。まあさすがにまだ降りないけどさ、様子見してからかなあそういうのを考えるのは。案外あっさり受け入れちゃったりするもんかもしれないしね。

 

自担が納得しているなら、幸せならそれでいいと、都合のいい聞き分けのいいオタクになりたい。でもそうなるには感情が入りすぎていてもうなれそうにない。自担は何を思ったのかなあ。これだけは言えるけど彼はぜっっっっっっっっっっっっったいに反対しただろう、間違いない。頑固だし。(ここ笑うとこね)でも結局は受け入れたのだから、まあそういうことなんだろう。自担が決めたことだ、着いて行くしかない。だけどさすがに何を思ったのかだけは知りたいなあ。じゃないと不公平じゃん?こういう時こそ自担のスタンス貫けよな、そしたらもっと好きになる。

 

兎にも角にも、本人たちからの言葉がほしい。どんな言葉でもいい、どんなカタチでもいいから、言葉をください。じゃないと受け入れる準備もできない。これでいきなりどうも〜!9人で〜〜〜す!!!なんて言われた暁には本気で辞めてやるからな(脅し)

 

ていうかさ、3人のこと一切知らないから年齢とか見てびっくりしたんだけど、正直、目黒くんと向井くんに対してどちらかというとマイナス印象を個人的な理由で持ってしまっているので本当に受け入れるの無理な気がしてる。ラウールは無感情だからまあ大丈夫でしょ、橋本と同じだって思えば。あ、でもセンター奪われるのは無理だなあ、ワガママでごめん。

まじで9人ちぐはぐすぎない???9人というかもう、6:1:1:1って感じだよな、これ。そりゃちぐはぐだわな!!!目黒向井に嫌悪感抱いちゃってるから本当に無理。6人は応援できるけど9人は応援できないかもしれない。そうなっても許してくれよな、そっちが悪いんだから。(ここも笑うとこ)

 

6人に何が足りなかったんだろう。みんな、めちゃめちゃ頑張ってたと思うんですよ。一端のオタクが何を知ってるんだと言われたらそれまでだけど、彼ら本当に本当に頑張ってきたと思うんですよ。なのに何が、どこがダメだったの?せめてそれを教えてほしい。6人にだけじゃなくて私たちファンにも、それを知る権利があるはずなんだよ。事務所はいつだって、こういう大事な時こそファンは蚊帳の外だ。ファンが1番大切なんて嘘じゃねえかよ、オイどうなってんだよ。ごめん、こんな言葉しか出てこなくて本当にごめん。だけど、9人になる理由を、6人の何が足りなかったのかを、ちゃんと教えてくれないと納得できない。こんなのあんまりだ。自担よ、こんな聞き分けの悪いオタクでごめん。

 

6人が6人でいられる未来を、この先の人生を、さも当然かのように簡単に刈り取っていく死神。刈り取ったみんなの未来と引き換えに何を与えてくれるっていうんですか。そんな余計なことしなくていいんだよ、率先して仕事増やさなくていいんだよ、こっちは他に何もいらないから6人でいてほしいんだよ、6人の未来だけがあればいいんだよ、、、。そう望むことすら、もうしてはいけないの?

 

どうやって終わればいいんだ、、、と思うくらいには余裕が出てき、、、、、、たわけねーーーーーーーだろ!!!!!あほか。こんなので整理なんかできるわけねえっつの。こうしている今にも、言葉に表しきれない複雑な感情はうごめき続けている。

 

とりあえず、本人たちからの言葉待ち。その後またここで会いましょう。

気づいたら年明けてた

明けましておめでとうございます。誰に向けて書いてるわけでもないですが、今年もよろしくお願いします。

 

さて、2018年を振り返り忘れました。それもまったく当然のはずで、私は冬になってからジャニオタらしいことを一切合切やっていなかったのです。そりゃ忘れるわ。ジャニーズの優先順位が下がって他のことを第一優先していたら、いつのまにか2019年になっていました。

 

冬になると冬眠期間に入るのが典型パターンになりつつあります。だって冬現場ないんだもん、、、納めたのがいつかも思い出せないよバーロー、、、

11月あたりから一体何をしていたのかというと、日常生活が忙しくなって所属する団体の中で責任のある立場に就き、その選挙のために全力を尽くしていました。それが終わってからは動画配信サイトのトライアルに加入したこともあり、昔好きだった界隈をつついてまわるような日々を送っていました。有料のインターネットラジオに課金したりしてね、おしゃ5って知ってます?しがないおじさん声優3人の雑談ラジオです。

そんなこんなで2次元と3次元を行ったり来たりしていたら年末になっていました。実家でぼーっとしてたら今日になってました。

 

さて、2018年を振り返ります。

1月 アイランド 安嶋くんと出会う

2月 特になし 本当になんもない

3月 祭り 諸星翔希さんを好きになる

4月 歌舞伎 言うほど入らなかった 蒼き日々

5〜6月 ラストホールド 応援上映楽しい

7月 何故かコイベビにやたらと行った

8月 夏だ夏だ夏だーーーーーーーッ!!!ソウヤ・イガリとの出会い

そしていろんな現場に行った さすが夏

9月 少年たちに課金 実はドリボにも課金

10月 団体が忙しすぎて死 あ、でもキップは行った これが現場納め

11月 特になし あ、歌舞伎円盤化おめでとうございます ここだけの話ラスホはまだ買ってない

12月 特になし 京都への布石

 

しがないジャニオタのなんてことない1年が、また過ぎてしまいました。

春に好きになった推しと再会を果たせず彼は私の世界からいなくなってしまいましたが、特に何もなく気丈にやっています。出会いがあれば別れもあるってことです。意外とすんなり飲み込めてる自分にびっくりですが、わりとこんなもんじゃないかなって思います。

 

夏に好きになった彼とはまだよろしくやっています。9月以来見てないけど元気ですかね。こっちはYouTubeもあって常に情報が更新されてる気がしてしまうけど、意外とそうでもなかったりするんだよね。いつでも彼は私から逃げるように先に行ってしまいます。成長期ってすごいです。

 

さて、最たる推しの彼についてはいろいろあって特に言うこともありませんが、時代劇に出演できたそうで大変良かったです。(ちなみにまだ見れていません、どうも緊張してしまって、、、。) また、特技の料理なんかも披露したりといろんな人に存在を認識してもらえたのではないかなと思います。私の四季を彩ってくれたのは他でもない彼です。春も夏も秋も冬も、不休で生きていてくれました。2018年はありがとう。2019年も、陰ながら応援させていただきます。

 

今年もよろしくお願いします。

猪狩蒼弥くんが16歳になった日

9月20日は猪狩蒼弥くんのお誕生日です。16歳おめでとうございます。

って、まだ16歳なんか〜〜〜〜〜い?!?!え?!16?!?!!?、?!目ん玉飛び出ますわぁ。

恐ろしいスピードで少年から青年へと成長する過程を歩み出していますが、いかがお過ごしでしょうか?大人っぽいのは見た目だけにしてくださいね。中身はなんだかんだメンバー内で1番おこちゃまな超イキり猪狩でいてくださいね。あ、言っとくけどイキりが許されるのは高校生の間だけだからね。

 

いや〜〜〜担当でもないのに担当の誕生日より盛大にお祝いしてる感がある。いや担当のときはケーキ食べたり写真並べてプチ祭壇作ったりしたけど!!!そういう物理的な意味じゃなくて精神的な意味で自担より盛大に祝ってると思う!!!堂々ということじゃないけどなハッハッハッ!!!!!

 

だって16歳だもん、、、16さい、、、16ちゃい、、、まだまだ何もできないおこちゃま、、、結婚できなければ免許も原付しかとれないし献血は200ccしかできないおこちゃま、、、まだまだ自分一人じゃ生きていけないおこちゃま、、、。でも確かに1つ歳を重ねて、大人の1歳よりも重みを感じる15→16の1歳、、、。なんなんだろうね、この重みの違いってね。

たぶん少年の1年は大人の1年より儚いんだよね。毎日毎日どこかが成長する時期、一分一秒たりとも見逃せない時期。戻りたくてもあの時のかわいくてペロいきゃわきゃわそぅゃくんは戻ってきてくれない。どんどん変化していってしまう。だから重みを感じるし盛大にお祝いしたくなるんだよね。ってことで自担より(気持ち的な意味では)盛大にお祝いしてます。

 

私が8月上旬に見た猪狩くんと9月19日に見た猪狩くんは、1ヶ月しか経ってないけどすごく変わってた気がするんですよね。なんか、ちょっと余裕があるように感じた。たった1ヶ月で、です。この時期の男の子の1ヶ月って本当にされど1ヶ月だなって思いました。成長早スギぃ〜〜〜〜〜☝🏻

 

ってことで、16歳おめでとうございます。

猪狩くんにとってこの1年が、実りの多い年になりますようお祈りしております。

 

Summer Paradise 2018 SnowMan公演の特別登録に当選した話

Summer Pardaise 2018 SnowMan公演、お疲れさまでした。最高に素敵な夏を過ごさせてくれて感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、今回はタイトルの通りそのサマパラSnowMan公演の特別登録に当選した備忘録をここに記します。

 

 

【8月1日 15時頃】

情報局から「『Summer Paradise 2018』抽選結果のお知らせ」という旨のメールがキャリアメール宛に届く

主な内容は

  • 希望日時での当選
  • チケット代金支払いの期限
  • 入金確認の通知は無い
  • チケット引き換え方法について

確認したところ情報局の会員ページ等には当選した旨が更新されていなかったので、完全にメール見逃したらイッカンノオワリのやつ。メールは右スライドして開封済みにせずちゃんと見るべきですね、、、笑 (ちなみに当選したのは8/10夜公演)

ちなみにキャリアメールではなくSMSで案内が来てる人もいたみたいです。何が違うんだろう。

 

 

【8月10日】

メールに記載されていたチケット引き換え方法に則り入場

主なポイントは

  • 当選公演の1時間前から15分前までに、コンサート事務局窓口で引き換え
  • 本人確認ができる公的身分証明証(コピー不可)
  • 情報局のオンライン会員証
  • チケット引き換え後はそのまま入場

初めてのことで少し不安だったので、早いに越したことはない!と16時10分くらいに窓口へ向かいました。その時点で私の前に4人組の方々が受付をしていました。

オンライン会員証と公的身分証明証を窓口の事務局員さんへ提示し、本人確認を取ってからチケットを発券。それを受け取りそのまま入場しました。入場してすぐ、デジチケ発券所(で言い方合ってる?笑)の辺りで一般入場の方たちと合流。あとは普通に席に向かうだけ。

 

入場までの流れはおおよそこんな感じです。

本人確認の際、顔写真があった方がいいかな?と思いパスポートを持って行きましたが、顔を確認している様子は特に見られませんでした。顔写真のない健康保険証や年金手帳等も公的身分証明証として扱われているので結局のところ特別登録でも譲渡は可能なのかなと思います。身分証明証を他人に貸すっていう特大リスクはあるけどね、、、笑

もっと厳重な感じだと思ってたのでさくっと事が進んで拍子抜けでした。一般のデジチケ入場に身分証明証の確認がプラスされただけ、って感じかなあ。

あ、だからといって転売とかはダメゼッタイよ!!!ダメゼッタイ!!!!!

 

さて、みなさんが気になっているであろう特別登録の座席について。

今回私が入ったのは第2バルコニーのメインステージ真横の席でした。めちゃめちゃステージ近かった、、、特別登録はわりと良席だって話には聞いてたけどこんなに近いとは思ってなかったよね、、、しかもスカイステージに向かう階段のところ(?)が鬼クソ近いのでやばい。上手いこと該当担がいい位置に来てくれたら鬼のようにファンサがもらえる席でした。(実際私の前にいた岩本担はめっちゃ目線もらったり超認知されてた)

普段は基本正面からしか見えてないから真横の景色って新鮮ですごく面白かった。あとなんと言っても自分の上下以外、TDCのほぼ全景見渡せるのですごく!すごく楽しい!!!客降りもサブステも見学席も見れたのが嬉しかったです。

 

で、ツイッターとかで見た感じだとやっぱり特別登録で入った人は第1〜第3バルコニーのステージ横の席が多かったみたいですね。まあメインステージもスカイステージも機材で見えないときあったからなあ。確実に2時間の中で自担が見えないタイミングがあると思った方がいいです。それぐらい!機材が!機材が!!!って感じでした。蛇足ですが私がドチャクソ大好きなNON STOP!!のときスピーカー丸かぶりであんなに近いのに宮舘涼太さんが踊ってるところ全く見えなかったのはいい思い出として心に留めておきます(^-^)

実際何バル何列何番までが特別登録で開放になった席かは分かりかねるので正確な数字とは言えませんが、私が入ったところが3列3番だったのでだいたい3バル×3列×3番×12公演と考えると300超の人が特別登録に当選してる計算になるのかな?結構な人数ですよね、これ。チケ代で換算するとSnowManの公演だけで240万円くらいですからね。それが6グループあんだからそりゃ事務所も多少見えない程度だったら開放するわな、、、笑

あとこれは確かな情報ではないので一概に言えませんが、なんとなく第1バルコニーから先着順で入れてるっぽい感じがしたかな、、、でも実際どうなのかは微妙なところですね。私の前に受付ていた4人組の方々を2バルで見かけなかった(はず)ので真偽は定かではないです。悪しからず。

 

とまあざっとこんな感じでした。

特別登録と聞いてはじめは驚きだったけど、いろいろといい経験になったかなと思います。まさか当たると思ってなかったから1枚で出したけど、入ってひとりはめっちゃ寂しいので次からは2枚で出そうかな、、、笑

 

 

SnowMan公演は終わってしまいましたが、まだまだ別グループの公演が続きます。本記事がこれから特別登録席に入られる方のお役に少しでも立てれば嬉しく思います。

SnowManに人狼をやらせてみた

タイトルの通りです。SnowManのみなさんにやらせてみようと思います。

 

まず、6人で人狼っていうのは人数が少ないので役職もなかなかシンプルなものになりがちだと思います。ゲームすぐ終わっちゃうしね。

基本パターンとしては

または

  • 人狼
  • 市民(3)
  • 占い師
  • 騎士

等々が挙げられるかと思います。騎士がなくてサイコキラーだったり等組み合わせは無限大ですが、正直言っておもしろくない。まず6人しかいないのに市民が3人な時点でつまらん!!!!せめて2人だろ!!!!ということで私が考えた役職はこんな感じ

これなら市民側も人狼側もどっちも勝つ可能性はあるかなと思います。(サイコキラーの場合は圧倒的に人狼側有利な気もしますけど、、、笑)

 

さて、ここからは完全な妄想なのでお手柔らかに。

 

続いては先ほど決めた役職に、SnowManのメンバーを当てはめていこうと思います。完全な独断と偏見ですので悪しからず。

  • 人狼→深澤
  • 市民(2)→岩本、宮舘
  • 占い師→佐久間
  • 吸血鬼→阿部
  • 狂人orサイコキラー→渡辺 

このような感じです。

 

深澤さんはGMか、人狼がいいです。市民側の役職だとしたら騎士かな。守られたいから(笑)ふっかさんがただの市民になることはまずないです。毎回必ず役職持ちになります。人狼めちゃめちゃやり込んでて百戦錬磨なんでこいつがいないと始まらない的な存在。

佐久間は占い師一択。もしくは多重人格。こいつもなにかしらの役職を持ちがち。霊媒師もあり。

渡辺は多重人格、もしくはサイコがいいですね。かれも市民側にはならなそう。市民側になったとしたらなんだろう、、、思いつかん。コスプレイヤーになって誰かの奪ってのうのうとプレーしてるっていう可能性もなくはない。

宮舘くんは市民一択です。理由はあたまよわいから(笑)もしくは占い師になって騎士に永遠と守られてる。ポンコツなんで何かしら重い役職(人狼とか占い師とか)を与えるとゲームが途端に破綻します。だからみやだてくんは役職持っちゃいけないので市民。

岩本は一番難しいですけど、やっぱり市民かな。深澤とラバーズとかもクソおもしろいけどね(笑)とにかくこいつは平。人狼始まる前に「おれ人狼いっかいもやったことないよお(><)ふっかこわいよお(><)」とか言ってそうだもん。そんなぶりっこなんざこの世界じゃ許されねえぞオラ💢💢💢ふっかさんのこと頼りにしようとするけど肝心のふっかさんは人狼というオチ。残念でした。

阿部くんはぜっっっっったいに吸血鬼がいい!!!!!正直他の5人の役職なんて特になんでもいいんですけど、これだけは譲りたくない。吸血鬼でぱっぱらぱーな5人を秒殺して一人勝ちしてほしいです。もしくは多重。あべくんには市民側になってほしくない(笑)多重の、人狼側なのに占われると市民って出るのがめっちゃあべくんぽい。

 

さて、配役をしたところでお分かりだと思うんですがこれは確実に人狼側が勝つゲームになると思います。まああくまでも妄想なんでね、長い目で見ていただきたいです、、、(笑)

あべくんさえ吸血鬼にしなければ市民側にも分があると思うんですが、彼をどうしても何としてでも吸血鬼にしたいのですいません許してください、、、。

あとやっぱりふっかさんがいることでいい感じにゲーム進みそう。頭の回転速いからね、頼れる男だな〜〜〜!!!あと翔太も活躍を期待してます(誰目線だよ)この二人が人狼手慣れてないわけねえだろっていう。

あの、ここまで書いといて今更感すごいんですけど、すので人狼ってできんのかな成立すんのかな、、、(笑)なんか無理な気がしてきた。それを検証するのも含めてぜひ人狼やってほしいなあ。

 

 

ゲームの内容も書きたかったんですけどちょっとまとまらなそうなのでとりあえず今回はここまで!中途半端ですいません。

お付き合いくださりありがとうございました〜

 

 

 

諸星翔希さんにドハマりした話

気づいたらもう4月も下旬を迎えようとしているなんて、、、記事書くのに時間かけすぎた。わりに内容スッッッッカスカです。

 

宮舘くんのお誕生日とは別途、このエントリーを書くことになったのには訳があります。

 

諸星翔希さん!!!が!!!好きだ!!!!!!

予測変換に出てこないからiPhoneのユーザー辞書に諸星翔希で登録するくらいにはもうどっぷりハマってしまっています。

 

もともとらぶの皆さんにマジで全く興味がなくてはしパラとかえびとか、らぶだけのときどこ見たらええんや、、、ってなるし少クラとかもすのの出番以外は飛ばしまくるから曲も全く知らないような大変失礼極まりないおたくでした。そんなやつがなぜこうなったのかは説明すると長くない。諸星翔希がかっこよかったから、終わり。

 

どこが好きかって、諸星さんのダンスとあの煽り方がも〜〜〜〜〜〜最高好き。あのチャラいというか輩感というか語彙がないので表現できる言葉を持ってないんですけど(ストリート?とやら言うらしい)あの踊り方!!読むより見る方が手っ取り早い。私の好みドンピシャに当てはまるこの感じ、やばい。あの、体の動かし方がまじで好き。諸星さんのダンスを見れば見るほど好きが増していく。何回も言うけど自分の好みドンピシャど真ん中。ってか私の好みってこれだったんだ………!って教えてもらえた感覚。

あと諸星さんはめちゃめちゃ客席を見てくれる。合同でらぶの時間はペンラを白にしてたわけですが、周りに白がいなさすぎたのかめちゃめちゃ視線をくれた(よくあるおたくの自己中視点)んです。諸星さん、私が落ちたこと気づいてるのかなっていうくらいめちゃめちゃ目線くれてないた。まあ席がめちゃめちゃ良過ぎたっていうのもあるんですけど、、、。結果としては視線しかもらってないけど、なかなかファンサくれない宮舘くんでは埋められない寂しさを諸星さんで埋める(笑)感でしかなかったしやっぱり視線って大事なんだねあはは、、、。

 

あと篠笛が衝撃的過ぎて死ぬかと思った、、、、だって、だって、篠笛て?!?!?!(笑)サックスもそうだけど、自分が歌うことを犠牲にしてまで管楽器をやるってアイドルとしてすごすぎませんか、、、ってか諸星さん多才すぎない?!?!?!?!歌とダンスがどちゃくそ上手いのはもちろんサックスもできる、篠笛もできるってハイスペックすぎ。

あとあの、ここまで忘れてたけどお歌もお上手でほんとに、、、すき、、、🧡という感じになりました。歌声が好きなのかな~~~~~~~わからんけどとにかく好き。ずっと聴いてたい。

 

あとあの、アイラインを引いてることを告発されて恥ずかしそうにしている諸星翔希さんスペシャル最高Kawaii、、、、、ないた。嘘みたいにかわいかった。嘘かと思ったら本当だった。アップで映さないで!!!(ニュアンス)がまじでかわいかった。他のメンバーにいじられてんのかわいかった。冷静にさ、顔がむくんじゃって少しでもかっこよくなれるようにアイライン引くってその動機がねときめきしかない。

あと諸星さんの衣装を短パンにしたの誰?!?!最高だな?!分かってるな?!決して細すぎないしっかりしたお身体(脚)を活かした諸星さんのためのあの衣装最高!!!と思ったら丈のあるスーツも似合ってるしほんと好き〜〜〜〜〜〜!!!(知能3)

 

 

あとあの、(3回目)これはまじで気づいてしまったんだけどもしかしてもしかしなくても諸星さんリアコ枠、、、?リアコって何じゃ💢と思ってるタイプでしたが諸星さんに関してはマジでクラスのお調子者感がすごい。運動がバカみたいにできて体育では委員でもなんでもないのに1番に着替えて校庭とか体育館行って用具準備したりコート作ったりする。で、先生に気に入られる。体育祭とかクラスマッチでは自分が出れる限界まで複数種目出場してめちゃめちゃ活躍するっていうありえんかっこいいスポーツ男子なのに、お調子者だからシュートとかゴールとかカッコよく決めたと思った次の瞬間ふざける。好きか、、、好きだ、、、。はしパラ(円盤)のドキナツの諸星さんはマジでそれの応用。めっちゃかっこよく出てきてダンスすると思ったら最後ふざけるじゃん!!!最後ふざけるけどその前のかっこいいところになんかときめいちゃって諸星がちょっとかっこよく見え始めるやつじゃん!!!おこ!!!!!ていうか私収録されてる公演行ったんだよねそういえばすぎるけど、、、。その時はぜんぜん諸星とか見てなかったな〜ただただはしちゃんの成長を見守る会してたまさかこうなるとは。

真面目に、そうこうしてる間に好きは加速してるんですよね。このエントリーも何日間かけてるんだっていうくらいダラダラ書いてるんですが、毎日毎日、諸星さんを見るたびに好きが更新されていってるのは事実。担当にしようとかそういう明確な気持があるわけではないですけど、できればこれからも諸星さんを見守っていきたいなって思う。

 

ていうか単純に諸星さんの顔が好き。昔好きだった踊り手さんにどことなく似てるしたぶん私はああいう感じの顔、というか目が好きなんだと思う。他ジャンルを加味しても私が好きになった人やキャラの目は大概細めの形だったからそういうことなんだと思う。なんかごちゃごちゃ言ってるけど諸星さん顔かっこいいよ!全然ぶすじゃないよ!!!ね!!!

そしてもうひとつ気づいたのが、諸星さんは圧倒的に動いてる時の方がかっこいい。かっこよさの比較で言ったら静画<<<<<<<<<<<動画<<<<<生って感じ。これは静画がダメなわけでは決してなくて、生で見ると静画の何十倍も何百倍もかっこいいってことです。それくらい生で見た諸星さんに度肝抜かされた。次らぶを生で見る機会があったときはぜひ諸星さんに目を向けるべき。予言します、絶対に好きになって帰ることになります。

 

 

急に締めますがまた後日書くかも。とにかく今は祭りからずっとふわふわした感覚で諸星さんを見てる状態なので、もうしばらく様子見して落ち着いた頃にまた報告しようかなと思います。諸星さん見てから寝ます。

 

 

 

3月25日

ずっと投稿するの忘れてました。

 

ジャニーズJr.祭り2018、お疲れ様でした。

そして宮舘涼太さん、お誕生日おめでとうございます。この場をお借りして改めてお祝い申し上げます。

 

さて、とても幸運なことに昨年に引き続き今年も宮舘くんのお誕生日をJr.祭りという場でお祝いすることができました。とても嬉しいことです。2年連続で宮舘くんをお祝いできる場を公式に与えられていることもそうですし、他担のみなさんにお祝いしていただけるという状況はあまりにも光栄な光景だったなと、振り返ると昨年も含め改めて思います。

昨年は公演に入ったあと一人寂しくコンビニのケーキを買って食べていました。今年はといえばうって変わって、宮舘担のお友達と誕生日を迎え公演に入り、おいしいケーキ屋さんのケーキを買って食べ2人でおめでとうと言いながら宮舘くんの誕生日は幕を下ろしました。もちろん単独公演では充実した豊かな時間を過ごすことができました。楽しいって言葉に収まりきらない感情と充足感。あ、でも公演についてはたくさんの人が言っている感想と大概同じなので割愛します。

 

宮舘涼太さんが25歳になる未来を、およそ8,9年前の自分は想定できていませんでした。そもそも2018年に宮舘さんのオタクをしてるなんて思ってもみなかったしね、あはは。

でも3/25に目にした景色はとてもきれいで、涙で視界が滲むほどでした。

あわよくばもう何度も何度でもあの景色を見たい。見せてほしい。一年後にそう思っているかどうかは分からないけれど、今の私は確実にそう思えている。だからこれからも宮舘涼太さんを応援していきたいと思います。